たくさんの女性にモテたいという考えを今すぐ捨てなさい!

 

 

モテる男性はいろんな女性たちと楽しそうに話したりできるものだけど、モテない男性は「そもそも女性と話したことがない」という人もいるわよね。おそらく、そういう男性は、女性とのコミュニケーションに深刻な問題を抱えているものなんじゃないかしら。今回、そんな問題を抱えている男性に向けて、女性から厳しい意見をいただいたのでぜひ読んでみて!


婚活ポリス

アンジェリーナ


 

 

たくさんの女性にモテたいという気持ちを捨てなさい!

 

そもそも、どうして女性にモテたいのでしょう?
たくさんの女性にもてることに意味はありますか?そして、あなたにその価値はありますか?
芸能人などで、浮気・不倫をしている人がニュースになったりもしますが、たくさんもてたところで結婚できるのは1人しかいないのです。
まずは『たくさんの女性にモテたい』という考えは捨てましょう。

 

次に、『誰でも良いからモテたい』と思っていませんか?でも、それはホントに『誰でも良い』んですか?
『誰でも良いから』という人に限って、いざ女性を紹介されると、相手のことを顔で判断することが多いです。
男性もそうですが、女性だって一人一人個性があります。それを『誰でも良い』と十把一絡げにする時点で、女性に対して失礼です。

 

では、どうしてそのように十把一絡げにしてしまうのでしょう。
そもそも、女性と普通に会話したり、コミュニケーションを取ったことはありますか?
女性と個別でコミュニケーションを取ることに慣れている人は、女性を『女性』とひとくくりにすることはなく、それぞれの女性に合った対応ができています。
そのようなやりとりの中で、外見以外の自分の好みがはっきりしてきますし、求める女性像の方向性もある程度定まってきます。

 

「そんなことを言われたって、そもそも女性とまともに会話したことがないから、わからないんだよ!」とおっしゃる方も多いでしょう。
でも、あなたの周りには女性はいませんか?
お店の店員さんや、近所のおばあちゃん、子供達。
「そんなにストライクゾーンは広くないよ!」と言われるかもしれませんが、なにも、全ての人を恋愛モードで見ろ、と言っているわけではありません。
人として、普通に接する。たとえば、挨拶をする、お礼を言う。「何か困ってないかな?手伝わなくて大丈夫かな?」そんな、ちょっとした関心を持って見る。
特に何もアクションをしなくても、とりあえず笑顔ですれ違ってみる。
そんなちょっとした工夫次第で、様々な人とちょっとずつつながりを持ってみる。
そのちょっとのつながりが、人と関わり、ことばを交わし、コミュニケーションにつながっていくのです。
ひいてはそれが、女性と関わる基礎になっていきます。

 

そしてもう一つ。
あなたにはもっと身近に女性がいるはずです。
そう、『母親』です。

 

あなたと『母親』の関係を見直してみませんか?
反抗期のまま、未だに疎遠な人。
実家暮らしで、何でも母親にやってもらい、それを何とも思っていない人。
母親の過干渉から逃れられない人。

 

色々なパターンがあるでしょう。(あるいは、亡くなっている場合もあるかもしれません。)
母親との関係を見つめ直し、精神的に自立することで、女性を見る目や女性との接し方が変わるかもしれませんよ。

 

そして、母親から精神的に自立した男性には、自然と女性が近づいてきますよ。



当サイトで人気の婚活サイト
IBJメンバーズ 楽天オーネット ブライダルネット

手厚いサポートがあると安心というあなたにピッタリ。成婚率にこだわる結婚相談所です。

会員数が日本最大級の超有名婚活サイト。出会いのチャンスが多いのが魅力的です。

月額3千円程度で利用できる婚活サイト。スマホでいつでもどこでも婚活できて便利です。

エンジェル エクシオ 結婚サービス比較

独自のマッチングシステムが優秀らしく、結婚までの平均交際期間が5.3ヶ月だそうです。

参加者数業界1位の婚活パーティーサイト。全国各地で毎日開催されていて利用しやすい。

何から始めたらいいか分からないあなたは、資料を集めるところから始めてみては?

【婚活男性にアドバイス4】たくさんの女性にモテたいという考えを今すぐ捨てなさい!関連ページ

女性目線で考える
女は男を顔で選ばない
2タイプのモテない男性